ニキビの原因とスキンケア


ニキビで悩んでいる方は日本だけではなく世界中に多く存在します。また、子供だけのものと思っている大人の方はいないでしょうか?ニキビは子供だけではなく、大人ニキビと呼ばれるニキビも発症しており、今では子供だけの問題ではありません。それではこどもだけではなく、大人にも発症してしまうニキビですが、ニキビができてしまう原因とは一体どのような原因なのでしょうか?今回はそのニキビの原因についてご紹介させていただきます。

そもそもニキビができるメカニズムを知っておいてほしのですが、ニキビは皮脂が毛穴から排出される際に何らかの理由で皮脂が排出できなくなり、その皮脂が毛穴に溜まってしまいニキビとして現れてしまうというメカニズムがあります。ニキビを放っておくとニキビ跡としてずっと残ってしまい、綺麗な肌が保てなくなります。

つまりニキビができる原因はこの皮脂汚れが溜まってしまうことにあるのです。もう少し具体的に説明すると、溜まってしまった皮脂は毛穴のところで酸化し、アクネ菌という菌が増殖することで炎症を起こしてしまい、赤いできものとして肌表面に出てきてしまうのです。このアクネ菌は毛穴に常に存在している菌の一種でどんな人間にも必ず存在している菌です。ただ、このアクネ菌は悪い菌ではなく、肌表面のバランスを正常に保つ役割を持っていて肌に必要な菌です。そして空気に触れると菌として存在できなくなる性質を持っており、常に毛穴の奥で空気に全く触れないところに存在している為、目には見えません。また、皮脂も決して悪いことだけではなく、人間の肌を外部から守ってくれるという重要な役割がある為、皮脂が少なすぎることでかえって肌にダメージを与えてしまい、ニキビだけでなくそれ以外の皮膚病をも引き起こしてしまう可能性がありますので、適度な皮脂は必要となり、同時に適度に保つ為にスキンケアも重要となってきます。