ニキビの種類

みなさんニキビと言われて想像するニキビはどのようなニキビでしょうか。多くの人は赤いニキビを思い浮かべるのではないでしょうか。しかし、ニキビと一括りにしても、ニキビにはいくつか種類があるのをご存知でしたでしょうか。

まず多くの人が想像している赤いニキビですが、こちらは赤ニキビと呼ばれていて、初期段階のニキビを放置しておくと炎症を起こしてしまい、その結果赤いできものとして発症してしまうのがこの赤ニキビです。そして、この赤ニキビになる前の初期段階のニキビが白ニキビと呼ばれるニキビです。この白ニキビは炎症する前のニキビを指で強く押すと白や黄色の粘り気のある液状のものが出てきます。これは毛穴内に溜まっていた皮脂でコメドと呼ばれるものです。この段階でコメドを外に排出することができれば、ニキビ跡にならずに綺麗な正常の肌に戻すことができます。

この赤ニキビと白ニキビ以外にもニキビは存在します。それが黒ニキビです。この黒ニキビは白ニキビ同様にまだ炎症は起こしていませんが、皮脂に汚れが付いていたり、その皮脂が酸化したりすることで先端が黒くなってしまい、結果として黒いニキビとして形成されるニキビが黒ニキビと呼ばれるものです。

そして、赤ニキビとして発症したニキビが更に炎症を起こすと黄ニキビとして膿を持ったニキビとして形成されます。この黄ニキビはたとえニキビが治ったとしても色素沈着を起こしたり、クレーターとして残ったりする可能性が高いので、ニキビ跡としてその先も残ってしまいます。