肌バリア


繰り返しのニキビに困っている方は多いと思います。ニキビができては治し、できては直しを繰り返しているとニキビ跡もできやすいですし、良いことはありません。それではなぜニキビを繰り返してしまうのでしょうか。その原因は肌バリアの低下が原因であると考えられます。

この肌バリアとは、外部の刺激などから肌を守り、内部からも水分を蒸発させるのを防ぐ働きのことを言います。この肌バリアの機能のポイントは皮脂と天然保湿因子、そしてセラミドが大きく関係しているのです。

皮脂は多量分泌を行うことでニキビの原因としても挙げられますが、少なすぎるというのも肌バリアを低下させ、ニキビの原因として挙げられます。しかし、この皮脂は肌バリアを保つ為に非常に重要で、適度な皮脂は内部からの水分の蒸発と外部からの外敵侵入を防ぐ役割を持っています。

次の天然保湿因子は通称NMFと呼ばれており、肌内部の水分を保ち、肌に弾力性を与える役割を持っています。

最後のセラミドは肌の潤いを保つ為には非常に大事な成分で、このセラミドが不足してしまうことで健康な肌の構造が崩れてしまい、水分を保持できなくなり、乾燥肌のきっかけを作ってしまうのです。

このように肌バリアを健康に保つ為には皮脂と天然保湿因子、そしてセラミドが重要だということがお分かりいただけたかと思います。繰り返しニキビを繰り返している方はこの肌バリアをいかにして健康にしていけるかが鍵となりますので、是非肌バリアの強化をおすすめします。