肌バリア

繰り返しのニキビに困っている方は多いと思います。ニキビができては治し、できては直しを繰り返しているとニキビ跡もできやすいですし、良いことはありません。それではなぜニキビを繰り返してしまうのでしょうか。その原因は肌バリアの低下が原因であると考えられます。

この肌バリアとは、外部の刺激などから肌を守り、内部からも水分を蒸発させるのを防ぐ働きのことを言います。この肌バリアの機能のポイントは皮脂と天然保湿因子、そしてセラミドが大きく関係しているのです。

皮脂は多量分泌を行うことでニキビの原因としても挙げられますが、少なすぎるというのも肌バリアを低下させ、ニキビの原因として挙げられます。しかし、この皮脂は肌バリアを保つ為に非常に重要で、適度な皮脂は内部からの水分の蒸発と外部からの外敵侵入を防ぐ役割を持っています。

次の天然保湿因子は通称NMFと呼ばれており、肌内部の水分を保ち、肌に弾力性を与える役割を持っています。

最後のセラミドは肌の潤いを保つ為には非常に大事な成分で、このセラミドが不足してしまうことで健康な肌の構造が崩れてしまい、水分を保持できなくなり、乾燥肌のきっかけを作ってしまうのです。

このように肌バリアを健康に保つ為には皮脂と天然保湿因子、そしてセラミドが重要だということがお分かりいただけたかと思います。繰り返しニキビを繰り返している方はこの肌バリアをいかにして健康にしていけるかが鍵となりますので、是非肌バリアの強化をおすすめします。

クレンジング方法

ニキビでお困りの女性の方は多いのではないでしょうか。さまざまな原因で発症してしまうニキビですが、ニキビを発生させない為にも日々のスキンケアは非常に重要です。そしてそのスキンケアの中でも重要とされているのが、クレンジングです。女性のみなさんであれば濃さは人それぞれだと思いますが、ほとんどの方が化粧をされているかと思います。そして、同時にクレンジングも行っています。このクレンジングを誤った方法で行ってしまうとニキビを促すことになりかねませんので、しっかりとしたクレンジング方法を覚えておいて下さい。

まず使っているクレンジングの量ですが、商品によって異なるかと思いますが、クレンジングの量は必ず適量を使うようにして下さい。量が少ないと肌になじむ量が足りずに摩擦を起こしてしまいます。そして、クレンジングは顔の皮膚の中で最も強いTゾーンから馴染ませるように塗り、頬などに伸ばすように優しく塗って下さい。この際に強くこすってしまうと肌荒れの原因になってしまいますので、注意して下さい。

そして、最も皮膚が弱い目元や口元は最後にして、今までよりも更に丁寧にクレンジングを塗るようにして下さい。最後にすすぎですが、すすぎに使う水はぬるま湯を使用し、できるだけ手早く洗い流して下さい。熱すぎると肌の乾燥を促し、冷たすぎると油分が固まって汚れが残ってしまいますので、人肌程度のぬるま湯が最も効果的です。このように正しいクレンジング方法を行うだけでニキビの発生率は格段に違ってきますので、女性のみなさんは是非正しいクレンジング方法を身につけて下さい。

ニキビの種類

みなさんニキビと言われて想像するニキビはどのようなニキビでしょうか。多くの人は赤いニキビを思い浮かべるのではないでしょうか。しかし、ニキビと一括りにしても、ニキビにはいくつか種類があるのをご存知でしたでしょうか。

まず多くの人が想像している赤いニキビですが、こちらは赤ニキビと呼ばれていて、初期段階のニキビを放置しておくと炎症を起こしてしまい、その結果赤いできものとして発症してしまうのがこの赤ニキビです。そして、この赤ニキビになる前の初期段階のニキビが白ニキビと呼ばれるニキビです。この白ニキビは炎症する前のニキビを指で強く押すと白や黄色の粘り気のある液状のものが出てきます。これは毛穴内に溜まっていた皮脂でコメドと呼ばれるものです。この段階でコメドを外に排出することができれば、ニキビ跡にならずに綺麗な正常の肌に戻すことができます。

この赤ニキビと白ニキビ以外にもニキビは存在します。それが黒ニキビです。この黒ニキビは白ニキビ同様にまだ炎症は起こしていませんが、皮脂に汚れが付いていたり、その皮脂が酸化したりすることで先端が黒くなってしまい、結果として黒いニキビとして形成されるニキビが黒ニキビと呼ばれるものです。

そして、赤ニキビとして発症したニキビが更に炎症を起こすと黄ニキビとして膿を持ったニキビとして形成されます。この黄ニキビはたとえニキビが治ったとしても色素沈着を起こしたり、クレーターとして残ったりする可能性が高いので、ニキビ跡としてその先も残ってしまいます。

ニキビの原因とスキンケア

ニキビで悩んでいる方は日本だけではなく世界中に多く存在します。また、子供だけのものと思っている大人の方はいないでしょうか?ニキビは子供だけではなく、大人ニキビと呼ばれるニキビも発症しており、今では子供だけの問題ではありません。それではこどもだけではなく、大人にも発症してしまうニキビですが、ニキビができてしまう原因とは一体どのような原因なのでしょうか?今回はそのニキビの原因についてご紹介させていただきます。

そもそもニキビができるメカニズムを知っておいてほしのですが、ニキビは皮脂が毛穴から排出される際に何らかの理由で皮脂が排出できなくなり、その皮脂が毛穴に溜まってしまいニキビとして現れてしまうというメカニズムがあります。ニキビを放っておくとニキビ跡としてずっと残ってしまい、綺麗な肌が保てなくなります。

つまりニキビができる原因はこの皮脂汚れが溜まってしまうことにあるのです。もう少し具体的に説明すると、溜まってしまった皮脂は毛穴のところで酸化し、アクネ菌という菌が増殖することで炎症を起こしてしまい、赤いできものとして肌表面に出てきてしまうのです。このアクネ菌は毛穴に常に存在している菌の一種でどんな人間にも必ず存在している菌です。ただ、このアクネ菌は悪い菌ではなく、肌表面のバランスを正常に保つ役割を持っていて肌に必要な菌です。そして空気に触れると菌として存在できなくなる性質を持っており、常に毛穴の奥で空気に全く触れないところに存在している為、目には見えません。また、皮脂も決して悪いことだけではなく、人間の肌を外部から守ってくれるという重要な役割がある為、皮脂が少なすぎることでかえって肌にダメージを与えてしまい、ニキビだけでなくそれ以外の皮膚病をも引き起こしてしまう可能性がありますので、適度な皮脂は必要となり、同時に適度に保つ為にスキンケアも重要となってきます。